就労支援事業には

障がいを持っていて自力での就職が難しい方を支援するのが就労支援事業です。

就労支援事業には、障がい者総合支援法に定められた就労系障害福祉サービス「就労移行支援事業所」「就労継続支援A型事業所」「就労継続支援B型事業所」の3つがあります。

 

「就労移行支援事業所」は一般企業等に就労を希望し、企業等に雇用されることが可能と見込まれる方を対象とした事業所です。

事業所内において、作業や実習を通し、適性に合った職場を探し、就職を目指していきます。

 

「就労継続支援A型事業所」は一般企業等に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が可能である方を対象とした事業所です。

事業所内において、原則雇用契約に基づく就労の機会が提供され、一般就労に必要な知識、能力を身に付け、就職を目指していきます。

 

「就労継続支援B型事業所」は一般企業等に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が困難である方を対象とした事業所です。

事業所内において、就労の機会や生産活動の機会が提供(雇用契約は結ばない)され、一般就労を目指していきます。

 

就労クリエイターHOPEは「就労継続支援A型事業所」になります。

就労継続支援A型事業の概要、及び対象となる方の条件はこちらから